毎朝の食卓に自家製のヨーグルトを!ヨーグルトメーカーのパイオニア、TANICAの「ヨーグルティアS」

家電・美容

朝食に毎日食べるヨーグルト。毎日食べるものだから費用もかさむし、家で簡単につくれたら…とお思いの方に是非おすすめ!

今回ご紹介するのは、ヨーグルトメーカーのパイオニア、TANICA(タニカ)の人気商品「ヨーグルティアS」です。簡単操作でヨーグルトが作れるだけでなく、様々な発酵料理をたのしむこともできるんですよ♪

TANICA(タニカ電気)は1971年からヨーグルトメーカーを製造販売している会社です。
誰もが知る明治ブルガリアヨーグルトが販売される更に前の1971年に日本国内ではじめてのヨーグルトメーカーを製作し、ヨーグルトといえばタニカ!といっても過言ではないほどヨーグルトメーカー界でも有名な企業です。
簡単にいろんな食材が手に入る時代だからこそ、素材から自分で選び料理の愉しさや安心を感じてほしいとの願いを込めて作られたのがこの「ヨーグルティアS」。

ヨーグルトをはじめ、発酵食品をつくるにあたり大切なのは正確な温度管理。温度調節次第ではヨーグルトの固まりが出来ずにべちゃべちゃになってしまったり、味にしまりがなく毎回違う風味になってしまう…という失敗に繋がったりします。
ヨーグルティアSは内部にパワフルなヒーターが搭載されており、製作に必要な温度を制御してくれるマイクロコンピューターで正確な温度管理を実現しました。
また、ほかのヨーグルトメーカーは底面にヒーターがついているものが多く仕上がりにムラが出てしまう事も多いですが、ヨーグルティアSは機械全体にぐるっと囲むように設計してあるため温度差でムラが出ることがありません。
それにより、ヨーグルトとして適切な硬さや味に安定感をもたらし、誰でも簡単においしいヨーグルトづくりができるという事です。

ヨーグルティアSの温度設定は25~70℃まで設定が可能で、つくる料理によって細かい温度調節ができる仕様となっています。
ヨーグルトや甘酒の作成はもちろんのこと、塩麹や醤油麹、みそ、納豆、天然酵母などありとあらゆる発酵食品をこれ一台で適えてくれる万能調理家具ですよ♪

作り方もカンタン!
ヨーグルトをつくる際は容器に種菌と牛乳を1L入れ、よくかき混ぜます。
本機に容器をセットしふたを閉め、40℃・7時間の設定にしてスイッチを押すだけで7時間後には自動でヨーグルトが完成している手軽さです。召し上がる前に冷蔵庫で冷やすので、寝る前にセットして起きたすぐに冷蔵庫で冷やして朝食前に準備するのもよさそうですね。

中に入れる容器は簡単洗浄できるので、本機を汚すこともなくお手入れも簡単にできるのも嬉しいポイントですね!セットにはレシピ集もついているので、はじめての方でも安心してつくることができます。
私のおすすめは温泉たまご!
ヨーグルティアSのセット内容に温玉スタンドがついており、4つの卵をセットしてお湯を入れるだけで30分で簡単に温玉をつくれます

ヨーグルティアSの魅力はすべての行程を日本の自社工場(岐阜県多治見市)にてつくっているという安心・安全感もあります。管理の行き届いた工場でつくられた商品はMADE in JAPANのこだわりがつまった、長く愛用できる安心のアイテムとなっています♪

カラーバリエーションはブルー・ホワイト・ピンク・グリーンの4色展開。
キッチンにも馴染むホワイトベースなので、インテリアと合わせてカラーを選ぶのも愉しいですね!

毎日食べるものだからこそ素材にこだわりたい、お子様に自家製のヨーグルトを食べさせたい、といった方も是非TANICA(タニカ)のヨーグルトSを使ってみてくださいね♪

インスタグラムキャンペーン by Campaignsdiary

タイトルとURLをコピーしました