冷凍も厚切りも最高の焼き加減に!「Panasonicオーブントースター ビストロNT-D700」

家電・美容

今回ご紹介するのはあの高級「生」食パン専門店”乃が美”推奨のオーブントースター「Panasonicオーブントースター ビストロNT-D700」をご紹介します。
厚切りのトーストや冷凍のトーストもどんなパンでもサクッとふんわり焼き上げてくれる”黄金比トースト”が話題となっていますよ。さっそくみていきましょう!

こちらのビストロの特長は洗練されたデザイン!
モノトーンがキッチンに溶け込むシンプルながらにも上品なアイテムとなっています。
ボタンもシンプルなのでキッチンに置いた時に生活感が見えにくい所も嬉しいですよね。
全面にスモークガラスを使用したミニマルなデザインにスリムなハンドル、どこをとってもオシャレです。

先述しました通りこちらは高級「生」食パン専門店”乃が美”推奨のオーブントースター。食べきれずに冷凍した食パンはトースターでしっかりと焼いたつもりでも中が冷たかったり焼き具合にムラが出てしまったりしがちですよね。
こちらの「ビストロ」にはトーストの中と外を同時に加熱する「遠近トリプルヒーター」を搭載しています。
遠赤外線ヒーターが表面をサックリと焼き上げるだけでなく、同時にPanasonic独自の遠赤外線ヒーターにより食材の内部までしっかりと熱を浸透。焼きムラや内部の熱ムラを塞いでくれます。

トーストプログラムは実に7200通り。常温うすぎりコースや常温あつぎりコース、冷凍うすぎりコースや冷凍あつぎりコースなど食パンの状態や厚みに合わせて食材に適した焼き加減へと仕上げてくれます。

「常温うすぎりコース」の場合、水分の減少を抑制しながら中と外をスピーディーに同時に温めてくれます。
「冷凍あつぎりコース」の場合は焦げないように温度で温調しながら内面を解凍、さらに焼けにくい下面を下側のヒーターでこんがりと温めながら焼き色をつけてくれるので均等の焼き加減を実感することができますよ。

「遠近トリプルヒーター」と「インテリジェント制御」が非搭載のトースターと比べてみると一目瞭然。
非搭載機種では表面は焼けているものの内部は冷たいままで、再度加熱すると表面は更に焦げてしまいますが「ビストロ」の場合は表面と内面共に均等に熱が伝わっているのが分かりますね。

食パンだけでなく様々なタイプの食材にも対応しており、
・厚切りトースト
・薄切りトースト
・アレンジトースト
・焼き芋
・フライあたため
・パックもち
など自動機能も満載。

焼きいもだけでも「焼きいも」「じっくり焼きいも」とコースが分かれているので、より自分好みの焼き加減に仕上げてくれるのが嬉しいですね。

また、コンパクトなトースターなため庫内がすぐに温まるのも特徴的。予熱の必要がなくすぐにオーブン調理を行うことが可能です。120℃~260℃までの8段階の温度調節機能を搭載しているので、グラタンやグリル料理など温度を変えて調理したいメニューでも簡単につくることができますよ。

口コミでは
「自分でつくった食パンを冷凍したもので使用しても外側カリッと中はしっとりで焼き上がりに感動」
「ダイヤル式ですが記憶してくれるので1度使うと同じモードでスタートしてくれてかった」
「自動で計算して焼いてくれるし残り時間も分かり焼けすぎも無いので購入してよかった」
「おもちを焼いた時に前に使っていたトースターとの違いを感じた。表面に少し焦げ目がついて中はふわっとしてとてもおいしかった」
と満足の声が多かったです♪

サイズもコンパクトで一人暮らしの家でも場所をとらずに置きやすい「Panasonic オーブントースター ビストロNT-D700」。
朝ごはんがさらに楽しみになりそうですね!

インスタグラムキャンペーン by Campaignsdiary

タイトルとURLをコピーしました